MENU

街の電気屋さんはこれで儲かる!EC販売やWebコンテンツを有効活用する方法

街の電気屋さんを経営している人やこれから経営を考えている人の中には、実店舗だけでは厳しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

街の電気屋さんを経営するにあたってよくある悩み
  • 実店舗だけでは経営が厳しい
  • 街の電気屋さんで儲けるためのコツを知りたい

この記事では、電材商社で7年営業マンをしている家電のプロ監修のもと、まちの電気屋さんを経営しているしゅんぞーが、街の電気屋さんで儲けるためのノウハウについて完全解説しています!

この記事でわかること
  • 街の電気屋さんで儲ける2つの戦略
  • EC販売とWebコンテンツのメリットデメリット
  • EC販売とWebコンテンツの有効活用する方法

この記事を読むと、街の電気屋さんで儲けるためのノウハウが身につき、売上アップに繋げることができるでしょう。

目次

街の電気屋さんで儲ける2つの戦略

街の電気屋さんで儲けるためには、実店舗の運営の他に次の2つの戦略が効果的です。

街の電気屋さんで儲ける2つの戦略
  • EC販売で販売エリア拡大と効率アップ
  • Webコンテンツで集客と認知
しゅんぞー

EC販売とWebコンテンツの活用が、街の電気屋さんで売上を伸ばしていく鍵となります!

EC販売(ネットショップ)で販売エリア拡大と効率アップ

街の電気屋さんで売上を伸ばしていくためには、ネットショップを立ち上げてEC販売を活用するのが有効的です。

EC販売とは
「Electronic Commerce」の略称で商品やサービスをインターネット上で販売するネットショップやインターネット通販のこと

代表例としてヨドバシカメラやユニクロでは、実店舗以外でネットショップを活用して売上を伸ばしていますね。

実店舗だけでは販売エリアは店舗だけにとどまってしまいますが、EC販売では販売エリアを日本全国に拡大することができます。

販売エリアが拡大されることでより多くのお客様に商品を販売することが可能となり、売上アップに期待ができるのです。

地域密着型のサービスというイメージが強い街の電気屋さんですが、売上を伸ばすためにはEC販売を活用して販売エリアを拡大していきましょう!

Webコンテンツ(ホームページ)で集客と認知

自社やEC販売で売上を伸ばしていくためには、Webコンテンツ(ホームページ)を活用するのが有効的です。

Webコンテンツとは?
ホームページ内に掲載されている文章や画像などのすべての情報がWebコンテンツとなります。

Webコンテンツを活用することで、自社や商品の魅力を発信することができます。

また、Google検索の上位に表示することができれば多くの人からアクセスを集めることができ、自社の認知をあげたりECサイトに誘導することで売上アップに繋げたりすることが可能です。

実店舗ならではのサービスやEC販売の効率を上げるために、Webコンテンツでの集客は必須と言えるでしょう。

ホームページの作成ならWordPressがおすすめ!

ホームページの作成ならWordPressがおすすめです。

WordPressとは、世界で一番使われているホームページ作成ソフトのこと。

WordPressの主な3つのメリット
  • デザインテンプレートが豊富
  • 操作や運用が簡単
  • 無料で利用できる
しゅんぞー

私もWordPressを利用しています!

WordPressでホームページを作るにはサーバーとドメインが必要ですがConoHa WING」を活用すると簡単に行えます。

ConoHa WINGとは、国内最速のレンタルサーバーのこと。

「ConoHa WING」はホームページの作成に必要な「サーバー」「ドメイン」「WordPress」を同時に設定することができるのでおすすめです。

レンタルサーバーにはさまざまな種類が存在しますが、なかでもConoHa WINGは高いスペックを持ちながら低コストでホームページ制作を行えます。

しゅんぞー

実際に多くのビジネスシーンで活用されており、ConoHa WINGを選んでおくと間違いないでしょう!

さっそく「ConoHa WING」に登録をしてホームページを作成しましょう!

\ConoHa WINGの登録はこちらから/

EC販売の特徴やメリット

EC販売の主な特徴やメリットについて解説します。

EC販売の主な特徴やメリット
  • 販売エリアと営業時間の拡大
  • 顧客のリピート率を増やせる
  • ブランディングが行える
しゅんぞー

どれも売上アップに欠かせない要素です!

販売エリアと営業時間の拡大

EC販売をすることで販売エリアと営業時間を大幅に拡大することができます。

【実店舗とEC販売の違い】

実店舗EC販売
販売エリア店舗のあるエリア日本全国
営業時間制約あり
例:営業時間/9:00〜19:00
制約なし
24時間365日販売が可能

実店舗のみの運用では販売エリアや営業時間に制限や制約がありますが、ECサイトではほとんどありません。

しゅんぞー

また、実店舗に比べて人件費もかかりにくく、管理しやすいのもポイントですね!

EC販売を活用すれば、大きな負担を抱えることなく販売エリアと稼働時間の拡大ができ、売上アップに繋げることができます。

顧客のリピート率を増やせる

EC販売では顧客のリピート率を上げることも可能です。

例えば会員ポイントの付与などを取り入れて、一度購入したお客様が次回もリピートして買いたくなるようなマーケティング施策を敷くことができます。

また、購入や会員登録で獲得した顧客情報をもとに、キャンペーンや新商品の情報を送るなど、購入後もお客様との繋がりを保つことができるのもメリットのひとつです。

EC販売を活用することで、継続的に売上を上げていくために必要なリピート顧客を増やすことができます。

ブランディングが行える

EC販売ではブランディングの構築が行えます。

駆け出しの小さなブランドや飲食店も、ECサイトをうまく活用することで認知度が上がり、短期間で有名になることが可能です。

しゅんぞー

実店舗だけでは店舗エリア外の認知には限界があります…!

EC販売は商品だけでなく、自社の存在や魅力も届けることができるのです。

EC販売のデメリット

EC販売のデメリットについて解説します。

EC販売のデメリット
  • 商品の魅力が伝わりづらい
  • 集客できなければ意味がない
  • ライバルが多く差別化しにくい
しゅんぞー

EC販売のデメリットを理解して失敗しないようにしましょう!

商品の魅力が伝わりづらい

お客様に商品の魅力を伝えるには、ECサイトでの商品情報だけでは情報不足となりやすいです。

EC販売では”見やすさ”が肝心です。

魅力を伝えるためとはいえ、情報量が多すぎるとサイト内はごちゃついて見にくいサイトとなってしまいます。

しゅんぞー

見にくいECサイトではお客様は購入してくれません!

サイト内の見やすさが重要なEC販売では商品の魅力を伝えるのに限界があり、情報が不十分となりやすいのです。

集客できなければ意味がない

EC販売はECサイトに集客ができなければ購入もされないので売上は上がりません。

無人島にお店を構えただけじゃ誰もこないのと同じで、なにかしら外にアクションを起こさないと認知すらされません。

EC販売はECサイトを立ち上げるだけで終わりではないことを覚えておきましょう!

ライバルが多く差別化しにくい

EC販売は今ではどの企業も取り入れているネットビジネスです。

同業や同製品を取り扱う競合ECサイトがすでに多く存在していることも多いでしょう。

取扱種類や価格面、サイトの見やすさなど差別化を図るポイントはありますが、ネット上での差別化には限界があり、競合に真似されて顧客の奪い合いになることもあります。

ECサイトだけではライバルとの差をつけるのは難しいことを覚えておきましょう!

Webコンテンツの特徴やメリット

Webコンテンツの主な特徴やメリットについて解説します。

Webコンテンツの主な特徴やメリット
  • ECサイトへの顧客の流入
  • 商品の魅力を発信できる
  • 自社の認知度を高められる
  • お客様の悩みから商品に繋げられる
しゅんぞー

どれも自社やECサイトの運用を効率よくするために必須です!

ECサイトへの顧客の流入

Webコンテンツは、Google検索の上位に表示させることができれば多くのアクセスを集めることができ、ECサイトへ見込み顧客を流入することが可能です。

EC販売は集客ができなければ意味がありませんが、Webコンテンツを活用することでこのデメリットを補うことができます。

しゅんぞー

EC販売を行うにあたって、Webコンテンツの活用は必須と言っても過言ではありません!

商品の魅力を発信できる

Webコンテンツでは、ECサイトで伝えきれなかった商品の魅力を伝えることができます。

例えば他メーカーとの比較ができたり、自社商品の強みを文章や写真、動画で最大限に伝えたりすることが可能です。

また、商品を購入したいお客様の状態はさまざまです。

  • 購入したい商品が特定している人
  • 数ある商品から選びたいと考えている人
  • A商品とB商品で迷っている人
  • Aメーカーの商品とBメーカーの商品で迷っている人

購入したい商品を特定しているお客様は、ECサイトに直接アクセスする人が多いでしょう。

一方、まだ購入する商品が特定できていないお客様は、商品の魅力を知りたがっています。

Webコンテンツは自社商品の魅力を伝えるだけでなく、お客様の購入意欲を高めることもできるのです。

自社の認知度を高められる

Webコンテンツは自社の認知度を高めることができます。

Webコンテンツを検索上位に表示できると、多くの人に見られるため自社の存在をアピールできるのです。

しゅんぞー

自社の認知度が高まると、ECサイトや実店舗への流入にも繋がります!

お客様の悩みから商品に繋げられる

お客様の悩みから商品に繋げることができるのもWebコンテンツのメリットです。

例えば、電気代高騰の原因や対策についての記事を書いたとして、記事内で自社の省エネ性能が高い商品をおすすめするなど、お客様の悩みを解決してくれる商品に繋げることができます。

購入意欲がない人に対しても潜在的な需要に適した商品を紹介でき、商品購入に繋げることができるのです。

Webコンテンツのデメリット

Webコンテンツのデメリットについて解説します。

Webコンテンツのデメリット
  • コンテンツ制作に時間がかかる
  • 継続的な更新が必須
  • 効果を出すまでに時間と労力がかかる
  • 専門知識やノウハウが必要
しゅんぞー

Webコンテンツのデメリットを理解して、対策を行いましょう!

コンテンツ制作に時間がかかる

Webコンテンツ制作はGoogle検索の上位を狙ったり、ECサイトに誘導したりするのに質の高いコンテンツ制作をする必要があるため時間がかかります。

質の高いコンテンツ制作には、SEOの知識やSNSを活用した集客方法など幅広い知識を学びスキルを身につける必要があるからです。

しゅんぞー

スキルを身につけるのに半年以上はかかると思っていてください・・・!

実店舗の運営をしながらコンテンツ制作となると、作業時間に限界があるのが課題のひとつです。

継続的な更新が必須

Webコンテンツで結果を出すには継続的な更新が大切なので、作業負担も継続的にかかってきます。

しゅんぞー

一回投稿して終わりじゃないのです・・・!

良質なコンテンツを継続して更新していくためには、日頃からリサーチやコンテンツ制作をする必要があり、タスクが常に消えない状態を覚悟しないといけません。

Webコンテンツの運営が疎かになると結果も出にくいので、実店舗の運営との両立をうまく行っていくために工夫が必要です。

効果を出すまでに時間と労力がかかる

Webコンテンツで成果を出すには時間と労力がかかります。

最初のうちはとくにメディアの認知度が低いので、コンテンツ制作するだけでは集客は難しいでしょう。

ユーザーに認知されるためには継続的にコンテンツを発信し、さらにコミュニケーションを取りに行くなど自発的なアクションも重要となります。

しゅんぞー

時間と労力をかけてコンテンツを育てます!

Webコンテンツで成果を出すには長期間かかることを理解して、持続力と計画性を持って運用しましょう。

専門知識やノウハウが必要

質の高いコンテンツを制作したり、検索上位を狙うには専門知識やノウハウが必要です。

Webコンテンツに必要なスキル
  • SEOスキル
  • データ分析力
  • 論理的思考力
  • デザインスキル
  • ライティングスキル
  • Webマーケティングスキル

また、知識やスキルを取り入れたところで正しく実施できるかは別問題です。

え、こんなにスキルが必要なの・・・

しゅんぞー

Webコンテンツの専門知識やスキルを身につけるのは、はっきり言ってかなり難しいです!

しかも実店舗の運営をしながらとなると・・・ムリムリ!できない!

実店舗の運営をしながら専門知識やスキルを身につけて、作業をこなしていくのは限界があります。

また、効果がすぐに出ないと挫折してしまう人が多いです。

  • Webコンテンツ制作をこれから始めようと考えている人
  • すでにWebコンテンツ制作をしていて悩みを抱えている人

上記に当てはまる方は私まで相談しにきてください!

しゅんぞー

私が実際に経験したことも含めて、Webコンテンツ制作のサポートをさせていただきます!

\”無料相談”実施中/

街の電気屋さんでEC販売やWebコンテンツを有効活用する4つの方法

街の電気屋さんで儲けるためにはEC販売とWebコンテンツを有効活用していくことが重要です。

ここでは、EC販売とWebコンテンツを有効活用する4つの方法について解説します。

EC販売やWebコンテンツを有効活用する方法
  1. EC販売で販売エリアを拡大、販売効率を上げる
  2. Webコンテンツで情報配信し自社の認知度を上げる
  3. Webコンテンツでユーザーを教育し新規顧客とリピート顧客を増やす
  4. Webコンテンツ制作をプロに任せて実店舗の営業に力を入れる
しゅんぞー

EC販売やWebコンテンツを有効活用して売上をアップさせよう!

⒈EC販売で販売エリアを拡大、販売効率を上げる

街の電気屋さんで売上を伸ばしていくためには、EC販売で販売エリアを拡大して販売効率をあげましょう。

EC販売を活用することで実店舗のみだった販売エリアが日本全国に拡大されます。

しゅんぞー

販売エリアが広がることで、ターゲットとなるお客様も増え売上アップに繋がります!

また、実店舗に比べて人件費もかかりにくく、管理しやすいのもポイントです。

EC販売を活用すれば、大きな負担を抱えることなく販売エリアと営業時間の拡大ができ、売上アップに繋げることができます。

⒉Webコンテンツで情報配信し自社の認知度を上げる

実店舗やECサイトの売上を伸ばしていくために、Webコンテンツで自社の存在をアピールして認知度をあげましょう。

しゅんぞー

実店舗もEC販売も、まずは認知されないと意味がありません!

例えばパナソニックではホームページ以外にYouTubeやInstagram、Twitterその他多くのプラットホームで情報配信しており、国内企業のWebサイト貢献ランキングでは7位を記録しています。
※参考:TRIBECK

Webサイト価値とは、Webコンテンツによる企業や商品の認知度やイメージなどのブランド力や、商品やサービスの売上にどの程度貢献しているかを評価したものです。

自社の認知度をあげて売上アップを目指すために、Webコンテンツを活用して積極的に情報配信していきましょう!

⒊Webコンテンツでユーザーを教育し新規顧客とリピート顧客を増やす

新規顧客やリピート顧客を増やすために、Webコンテンツでユーザーを教育しましょう。

Webコンテンツは日々の発信から潜在顧客を顕在顧客に教育できます。

しゅんぞー

自社商品の必要性をユーザーにアピールします!

また、発信方法や発信内容によって効果は変わります。

コンテンツにあった方法で、ユーザーに刺さる内容を発信していくことが重要です。

Webコンテンツの主な発信方法
  • 記事
  • 動画
  • SNS
  • メールマガジン など
しゅんぞー

今だとLINE公式アカウントの拡張機能「Lステップが盛り上がっていますね!

実店舗やEC販売の売上アップにはWebコンテンツの活用が欠かせません。

Webコンテンツで自社ブランドや自社商品の必要性をユーザーに教育し、新規顧客やリピート顧客を増やしていきましょう!

⒋Webコンテンツ制作はプロに任せて実店舗の営業に力を入れる

Webコンテンツ制作はプロに任せるのがおすすめです。

Webコンテンツ制作は時間と労力がかかり、実店舗との両立が難しいです。

しゅんぞー

無理に両立しようとすると、どっちつかずでWebコンテンツも実店舗の運用も中途半端になって悪循環になります!

プロに任せた方が結果が早く出やすく、自分は実店舗や他の運用に集中できます。

しゅんぞー

実際に私もWebコンテンツ制作をプロにお任せしています!

  • Webコンテンツの活用を考えている人
  • Webコンテンツを制作しているけどうまく運営できていない人
  • 最短で結果を出して売上を伸ばしたい人

上記に当てはまる方は一度ご相談してみることをおすすめします!

\迷ったらまずは相談してみよう!/

些細な質問でもOK!お気軽にご相談ください!

街の電気屋さんが儲かる方法に関するよくある質問

ここでは街の電気屋さんが儲かる方法に関するよくある質問について紹介します。

街の電気屋さんで儲けるためのコツは?

街の電気屋さんで儲けるためのコツは4つあります。

  • EC販売で販売エリアを拡大、販売効率を上げる
  • Web魂胆つで情報配信し自社の認知度を上げる
  • Webコンテンツでファンを増やして新規顧客とリピート顧客を増やす
  • Webコンテンツ制作はプロに任せて実店舗の営業に力を入れる

》Webコンテンツ制作の依頼やご相談はこちら

Webコンテンツの目的は何ですか?

Webコンテンツの目的は、Webコンテンツを通じてユーザーへ情報発信することで、認知や集客、販売の促進を行うことです。

》Webコンテンツ制作についてのお困りごとやご相談はこちら

まとめ:街の電気屋さんは「ECサイト×Webコンテンツ」でガッツリ儲けよう!

この記事では、街の電気屋さんが儲けるためのノウハウについて解説してきました。

街の電気屋さんで儲けるには「EC販売」「Webコンテンツ」を有効活用することが重要です。

EC販売の特徴やメリット
  • 販売エリアと稼働時間の拡大
  • 顧客のリピート率を増やせる
  • ブランディングが行える
Webコンテンツの特徴やメリット
  • 商品の魅力を発信できる
  • 自社の認知度を高められる
  • お客様の悩みから商品に繋げられる
EC販売やWebコンテンツを有効活用する4つの方法
  1. EC販売で販売エリアを拡大、販売効率を上げる
  2. Webコンテンツで情報配信し自社の認知度を上げる
  3. Webコンテンツでファンを増やして新規顧客とリピート顧客を増やす
  4. Webコンテンツ制作をプロに任せて実店舗の営業に力を入れる

街の電気屋さんは実店舗と「EC販売×Webコンテンツ」でガッツリ儲けることができます!

「EC販売」「Webコンテンツ」を有効活用して売上アップを目指しましょう!

しかし、Webコンテンツ制作は膨大な時間と労力がかかり、実店舗の運営との両立がかなり難しいです。

しゅんぞー

実際に経験しましたが、かなり効率が悪く結果を出すのも難しかったです…

  • Webコンテンツの活用を考えている人
  • Webコンテンツを制作しているけどうまく運営できていない人
  • 最短で結果を出して売上を伸ばしたい人

上記に当てはまる方はWebコンテンツ制作の依頼や相談を検討してみましょう。

1人で何時間、何日間とぐるぐると考えてしまうのは時間の無駄ですが、プロに相談することで短時間で解決したり、結果を出すことができます。

しゅんぞー

実際に私もプロに相談し依頼することで悩みが解決して売上も順調です!

相談やお問い合わせはこちらから

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次