MENU

【年間2万円以上お得!?】〇〇で水道光熱費を簡単に節約する方法を解説

電気代や光熱費、水道代といった固定費は、料金自体も年々上がります。

その中で、節電など節約を行っている方も多いと思います。毎日、必ず使う”水代の節約”にお困りの方も多いのではないでしょうか?

実は、節水シャワーヘッドを付けるだけで年間約21,000円お得に!

今回は節水シャワーヘッドの効果をメリットやデメリットを交えながら、選び方のポイントまで詳しく解説します!

目次

節水シャワーヘッドの節約とその効果

まずは、節水シャワーヘッドの仕組みについてお伝えしようと思います。

シャワーヘッドに空いた穴を従来よりも小さくしたり、シャワーヘッドに内蔵された羽根が回転することで穴を適度にふさぐことで水圧を上げています。このような機構で、少量の水でも勢いの強いシャワーを出せるので、水を節約することができます。

従来のシャワーヘッドでは、1分間に約9ℓの湯水を使うと言われています。
1回のシャワーの利用時間が10分間だとすると、その使用量は約90ℓにもなり、水道代とガス代は合計で約50円。1回のシャワーの利用時間が10分間だとすると、その使用量は約90ℓにもなり、水道代とガス代は合計で約50円。
365日一年間、毎日10分間シャワーを使えばその光熱費は18,250円かかる計算に。

一方、節水シャワーヘッドを使うとどうでしょう。

水の使用量を30〜50%削減できれば、約5,400〜9,100円もの節約となります。家族数人でシャワーを使っているのなら、その節約効果はさらに大きいものとなるでしょう(節水効果はメーカーや商品によってさまざまです)。

本当にそんなに効果があるの?

節水タイプになると全然流せなくなるんじゃない?

という声が聞こえてきそうですが、安心してください。

実は、マクドナルドのような外食産業のトップも実は全店で必ずやってるんです!

それほど、節水シャワーヘッドの効果は高いと言えます。

メリットとデメリット

ここでは、節水シャワーヘッドのメリットとデメリットについて触れていきます。

2-1.メリット

節水シャワーヘッドのメリットは以下の「3つ」です。
◆水道光熱費の節約    ◆塩素除去効果の商品が多い  ◆放水タイプの切替えが可能

2-2.デメリット

節水シャワーヘッドのデメリットは以下の「2つ」です。
◆通常タイプよりは物足りない   ◆重い

通常タイプのシャワーヘッドが水量で流すのに対して、節水タイプは水圧を強めて流す方式を取っています。そのため、やはり通常タイプに比べると流すのに少し時間を要しますので、節水効果があまりにも高いものを選ぶと物足りなく感じる人もいるでしょう。また、節水シャワーヘッドは機能が多彩な反面、通常タイプに比べて重いのが特徴です。

選び方のポイント

選び方のポイントは以下の4つです。

  1. 節約効果が大きく変わる節水率
  2. 手元ボタンの有無
  3. 重量は手に持ちやすいか
  4. 既存の設備に取り付けが可能か

3-1. 節水率で節約効果が大きく変わる

シャワーヘッドは、商品によって節水率が大きく異なります。そのため、購入前に「節水率」という表示を確認しましょう。

3-2. 手元ボタンの有無で機能性が大きく変わる

手元スイッチは、シャワーの水を止める際にボタン一つで止めることができます。利便性も気にしたい方は、チェックしてみて         ください。

3-3. 重量は持ちやすさを確認する

利便性に付随して、重たいシャワーを持ち上げるのは面倒ですよね。重量も商品によってマチマチですので、購入する前に重量を確認してみてください。

3-4. 取り付け可否は必ずチェックしよう

利便性に付随して、重たいシャワーを持ち上げるのは面倒ですよね。重量も商品によってマチマチですので、購入する前に重量を確認してみてください。

まとめ

今回は、節約シャワーヘッドについて効果やメリットとデメリット、選ぶポイントについてお伝えしました。
総じて、購入する前は下調べが必要ですが、1度切り替えてしまえば大きな節約効果をずーっと得られます。今の家計に困っている方、また物価の高騰にお悩みの方は、この機会に家計の見直しとして是非試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次